SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン【保存版】美容室のホームページ制作5つのコツ

【保存版】美容室のホームページ制作5つのコツ

[記事公開日]:2017.06.30. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2017/10/17

私たちが提案する「ポータルサイトからの脱却」。
つまり、高い掲載料を払いながら新規客を永遠に追いかけるのではなく……

<リピートしてくれるようなお客さまを自分の美容室のホームページで獲得しよう!>というものです。

では、具体的にどうすれば、そうしたお客さまをゲットできる<優良なホームページ>を制作できるのか?

弊社に限らず、どのような会社に制作依頼をしたとしても「ここだけは気をつけるべき!」というものをピックアップしました。
お伝えする内容を踏まえてホームページ制作をすれば、格段に集客に役立つと思います。

目次
1.コンテンツに価値を持たせる
2.「自社ブログ」を持つ
3.来店予約を簡単にする
4.スマホ対応させる
5.格安業者の罠に気をつける
6.まとめ

1.コンテンツに価値を持たせる

お客さまは、どうしてあなたの美容室に行くのでしょうか?
また、どうしてあなたのホームページに行こうと思うのでしょうか?

あなたの美容室に行く理由は様々あると思います。
ただ、大きな要因にひとつとしては、「お客さまの期待が満たされたから」というのがあるのではないでしょうか。

「上手なカットをして欲しい」「気持ちの良いシャンプーをして欲しい」「ゆったりとした時間のなかで綺麗になりたい」。
それぞれのお客さまの期待に対して、あなたのお店が応えることができるから、来店してくれるのでしょう。

では、ホームページはどうでしょうか?

ホームページから集客する上で必要なのは、アクセスを集めることです。
より多くの人が見てくれれば、それだけあなたのお店に来店予約をしてくれる確率が高まります。

それでは、美容室のホームページに求めるものは何か。
主に髪の美しさを司るプロフェッショナルにお客さまが期待するのは、「プロらしい知識や技術」です。

つまり、ホームページで髪についての「プロらしい知識や技術」が提供されていればいるほど、お客さまは集まります。

「このホームページはすごい!」
「髪に対する悩みが、このサイトを見ればすべて解決する!」
「トレンドのヘアスタイルを参考にするなら、ここしかない!」

このように思ってもらうことができれば、アクセスが自然と集まることは容易に想像できます。

もちろん、お店によって得意なヘアスタイルなどは異なります。
お店のコンセプトによって、発信したいターゲットも違うでしょう。

ですから、コンセプトやターゲットに合った情報発信をしていきます。

30代をターゲットにしているお店が、上手な白髪染めの方法ばかり発信していても、狙うお客さまの層の心には刺さらないでしょう。
それよりも、「大人キレイ!2017年、30代女性に人気のヘアスタイル<ベスト3>」というようなページがある方が、ホームページを見てくれる確率は高まります。

ターゲットの女性からすれば、誰でも知っておきたい情報だからです。

以上のように、ホームページに掲載する情報はコンテンツとして価値のあるものにしましょう。

価値ある情報を載せておけば、「こんなに素晴らしい知識を持っているお店なら、きっと施術も素晴らしいだろう!」と、来店予約が入りやすくなるのです。

情報の形は、次にお伝えする「自社ブログ」がもっともオススメです。
「動画」や「写真ギャラリー」でも良いですが、「自社ブログ」は情報量が多くても更新が簡単です。

2.「自社ブログ」を持つ

「自社ブログ」とはつまり、あなたのお店のホームページに設置される、オリジナルのブログのこと。

「Amebaブログ」や「livedoorブログ」のような無料ブログサービスは、ご存知かと思います。
簡単に誰でもブログを作れ、個人で運営している人もいるでしょう。

私としてはこうした無料ブログサービスは、正直オススメしておりません。

というのも、どれだけアクセスが集まったとしても、あなたのホームページの検索順位が上がるわけではないからです。

簡単にいえば、通常はgoogleではサイトのアクセス数が高まると、それだけサイトがgoogleで上位に表示されやすくなります。
しかし、外部の無料ブログサービスのアクセスがどれだけ集まろうとも、あなたのお店のサイトはgoogleで上位に表示されやすくはならないのです。

「え!? それってめちゃくちゃもったいなくない!?」と思うかもしれません。
そうです!正直、かなりもったいないのです。。。

せっかく努力したとしても、無料ブログサービスを提供している会社が広告収入で儲かるだけ。
あなたの美容室のサイトへのアクセスを集まるのには、役に立ちません。

反対に「自社ブログ」であれば、あなたのブログを読んでくれる人が増えれば増えるほど、それだけあなたの美容室のサイトがgoogleで上位に表示されやすくなります。
つまり、「ブログが人気になる」=「あなたの美容室に予約が入りやすくなる」ということになります。

これだけでも、自社ブログをやらない理由はないかと思います。

3.来店予約を簡単にする

ホームページにアクセスすると、トップページからすぐに予約は可能でしょうか?

オシャレなデザインばかりに凝ってしまうと、お客さまは予約がしにくくなってしまいます。
少なくともホームページを開いてすぐに、「24時間予約ボタン」が見える必要があります。

ホームページ制作会社によっては、「トップページにオシャレなスライドを表示させ、お客さまにインパクトを与えましょう!」とオススメするところがあります。
それ自体は悪くないのですが、お客さまの来店予約につながらなければ意味がありません。
そのためには、予約のためのハードルを低くする必要があります。

ハードルを低くするには、「ページ移動を少なくさせること」が重要です。
つまり、予約のために何度もクリックしないといけないようでは、お客さまにとって面倒だということです。

他にも文字が小さすぎたり、英語の表記ばかりというホームページを多く見かけます。
確かに見た目上はオシャレなのかもしれませんが、これでは見るお客さまとしては利用しにくいホームページとなってしまっています。

英語の表記にするなら、すぐ下に日本語の表記もつけるようにしましょう。
「MENU」だけではなく、その下に「メニュー」というように、日本語での文字をつけるのです。

私が最近見たなかでは「Reservation」と書いてあるサイトがありました。
日本語で「予約」の意味ですが、これでは人によっては予約ボタンかどうかが分かりません。
しかも、他の「Set Menu」「Stylist」と同じ文字の大きさ。
これではどれがそのページで一番大切なボタンなのか分からないので、お客さまも予約がしにくいでしょう。

ちょっとしたデザインに気を配るだけで、かなり予約のしやすさが変わることが分かると思います。

4.スマホ対応させる

基本中の基本……ですが、まだまだ対応していないサイトが多いです。

美容室を予約する基本は、スマホです。
パソコンからじっくり美容室を探して予約する人もいますが、現在では少数。

それよりも通勤中の電車やお昼休みに「そうだ、髪を切りに行こう!」と思い立ち、スマホで検索する人がほとんどとなります。

そうしたときにスマホに対応していなければ、「うわ、見にくい!」とパソコン表示のままでお客さまに思われてしまいます。
ボタンや画像の表示も小さいため、予約してもらうのは難しいでしょう。

写真ギャラリーや動画を凝るのも良いですが、何はともあれスマホ対応は必須!
自社ブログを用意したら、優先的に取り組みたい項目です。

5.格安業者の罠に気をつける

今の時代、企業用のホームページでは5万から作ることができます。
昔であれば100万円などはザラでしたが、随分と安くなりました。

理由としては優れたテンプレート利用による「デザインの手間」を省けることや、ホームページの更新を簡単にするシステム(CMS)により、人件費がかかりにくくなったことが挙げられます。

確かに、「とりあえず作る」という個人レベルであれば、格安業者で制作してもらうのも「アリ」だと思います。

しかし、あなたの欲しいホームページは「集客できるホームページ」のはずです。

そのためにはお店オリジナルのデザインや、しっかりとしたコンセプト作り。
ブログからの予約導線やコンテンツの作りこみなど、やるべきことは沢山あります。

これらはテンプレートではできないことですし、あなたのお店に半永久的に集客効果を生み出すためには、制作側としても5万円では提供できない価値や手間のはずです。

1日1万円の人件費がかかかるとして、5日間で上記内容を仕上げたとします。
果たしてその時点で、新規予約を取れる自社ブログ記事のコツをあなたは吸収できているでしょうか?
お店をリピートしてもらうための、コンテンツ作りの秘訣を知ることはできているでしょうか?

恐らくそれは、無理な話でしょう。

ホームページは作って終わりではありません。
作ってからが、始まりなのです。

ホームページを作り、自社ブログを検索順位で上位に表示させるために、期間として半年は見積もる必要があります。

長期的に集客効果をもたらす費用は、決して5万円ではまかなえないはずです。
ちなみに私が調べたところ、格安業者の多くでは結局オプションで30万ほどかかるようでした。

スタッフ紹介は1万、クーポンページはさらに1万など……
集客に必要なページを意図的に減らし、料金を安く最初は見せる手法のようです。
最終的にオプションの金額を計算すると、格安と言われる制作業者はどこもほぼ変わらない値段になりました。

6.まとめ

いかがでしたか?
ホームページ制作は、非常に奥の深い世界です。
しかしうまく活用することができれば、長期的にあなたに利益をもたらしてくれます。

特に私がオススメするのは、2番目の「自社ブログ」を持つということ。
「自社ブログ」が充実することは、もっともあなたの美容室に売り上げをもたらすからです。

サイトの検索順位が上がることで、予約を取ることが見込めます。
どれからやれば良いか分からない場合は、まずは「自社ブログ」から取り組んでみてください。
良質な記事をアップすることができれば、一気にアクセスが集まるはずですよ。