SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジンあなたは知っていましたか!?LINEホームを効果的に使った3つの集客方法!

あなたは知っていましたか!?LINEホームを効果的に使った3つの集客方法!

[記事公開日]:2019.06.21. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2019/06/21

今やLINEは私たちの生活と切っても切り離せなくなった連絡ツール。

LINE@を使って集客やクーポンの配布をしている、もしくは検討している美容室は少なくないと思います。

LINEの配信だけでなく、ホーム画面を効率的に活用して、集客を考えてみましょう!

ホーム画面で情報を投稿する場合、拡散を狙う

まず、LINEのホーム画面に投稿する内容で重要なのが、「友だちが友だちに伝えたくなる」情報を用意するということです。

LINEのホーム画面で情報を投稿する目的はズバリ、「その情報の拡散」にあります。

情報が拡散していけば、それだけ店舗のLINE@に触れる機会が増えます。つまり、美容室を知ってもらうきっかけになるということです。

LINEのホーム画面にはどんな内容を投稿していけば良いのか、大きく3つに分けて解説していきます。

1. 基本的なコメント機能を活用する!

LINE@の「ホーム」は個人アカウントと同じく、「ホーム」に書き込んだ内容がそのままタイムラインに表示され、LINE@のアカウント管理者だけではなく、すべての友だちが投稿の内容を確認することが可能です。

そこからさらに「友だちの友だち」に対して、「共有」ボタンが表示され、クリックされればLINEのコミュニティ内で拡散されていく可能性があります。

LINEホームへの投稿で基本的な使い方は「コメントする」ボタンです。コメント機能を利用して、友だちであるお客様とコミュニケーションが可能になります。

LINE@のトークルームでは、お客様とのやりとりはできないので、LINE@内で唯一、お客様と意思の疎通が図れる貴重な機能といえるでしょう。

例えば、LINE@でクーポンを配布した後、来店率が上がらず、原因も分からない場合は、直接お客様に感想を聞いてみるといった使い方も可能です。

「今回お送りしたクーポンについて、皆様のご意見をお聞かせください。LINEのホームに用意したコメント欄で皆様のご意見を、お待ちしております!」

といったメッセージを送り、LINEのホームにコメントを受け付ける投稿を用意しておけば、何か言いたいお客様がコメントを残してくれる可能性があります。

特定のお客様とのやりとりが続いた場合、他のお客様の参考になることが多く「共有」ボタンを押して「友だちの友だち」に拡散してくれることもあるはずです。

ていねいな対応を心掛けていれば、はじめてLINEホームの投稿を見てくれたユーザーにも好印象を与え、その結果「友だち」になってくれる確率も高くなります。

2. LINE@のホームでは、重要度の低い情報を投稿する!

LINEのホームで投稿したい内容の1つに「重要度の低い投稿」があります。これは、一斉に配信するほど重要度も高くないけれど、お客様に読んでもらえればありがたいといった程度の情報発信には最適です。

LINE@の友だちであるお客様に、トークを通じて情報を一斉に配信した場合、「プッシュ通知」で明確にスマートフォンへと着信が知らされます。

何度も配信すればうるさく感じられ、「ブロック」される可能性が高いです。ブロックされるのを防ぐためには、LINEのホームからの投稿が効果的といえるでしょう。

例えば、「お店の前で道路工事が始まってしまいました。ちょっとうるさいけど、今日中に終わることなのでご心配なく!」
というような情報を配信したとしましょう。

静かな雰囲気のサロンであったとしても、プッシュ通知で至急お知らせしないといけない事でしょうか?

この場合、道路工事の情報はLINEのホームで投稿する方がベターです。

LINEのホームからの投稿であれば、プッシュ通知でお客様のスマートフォンを騒がせる心配もありません。
こうして、発信する情報の重要度を考えてLINEのホームを有効に活用しましょう。

3. 商品、サービスの詳細情報をLINEホームで紹介する!

商品、サービスの詳細情報をLINEホームで紹介する!

LINE@のメッセージで多いのが、店長のこだわりの情報です。
「新製品はこんなにすごい!」
「他店では得られない、体験!」
などです。

確かに、効果的な情報であることは間違いないですが、こういった情報は製品、サービスの数だけ、存在するでしょう。
こういった情報をひとつひとつLINE@のメッセージとして配信していたら、お客様のスマートフォンをうるさくしてしまい、ブロックされてしまうでしょう。

こういった情報はLINEのホームで投稿するのが最適です。
新製品やサービスなどの情報を写真と一緒に紹介し、LINEのホーム画面をメニュー一覧、商品一覧のように活用した方が効果的です。

自社サイトにメニュー一覧ページがあるなら、LINEのホームにリンクを貼り、誘導することもできます。こうした情報は友だち同士で共有して、一緒に来店してもらう動機にもなります。

また。店長、オーナーのつぶやき等、店舗スタッフの個性を前面に押し出した情報もLINEのホームで投稿すると最適です。

最後にテキストで直接「共有」を促すことも重要です。
ここまでお伝えしたLINEのホームへの投稿内容を書き上げたら、文面の最後に「LINEの友だちにも教えてあげて!」「友だちに伝えるには、共有ボタンを今すぐタップ!」などと書き込んでみると良いでしょう。

LINEのホームでの投稿なので、プッシュ通知でスマートフォンをうるさくすることはありませんので、積極的にアクションを促してみましょう!

この記事を書いている人

河合良介いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。SALON CONCIERGEの河合と申します。
株式会社サロンコンシェルジュのゼネラルマネージャー
サロン専用集客支援システム「サロンコンシェルジュ」開発者
1987年11月生まれの東京都清瀬市の出身。うさぎ年のAB型。