SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容室でSEO対策!上位表示の目的を明確にしよう!

美容室でSEO対策!上位表示の目的を明確にしよう!

[記事公開日]:2019.07.26. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2019/07/26

今回は、美容室でSEO対策にあたり、上位表示の目的を明確にしていきたいと思います。

上位表示の目的とは?

SEOの初心者は、検索結果で上位表示させることに熱中しすぎてしまう傾向にあります。

これまで全くアクセスのなかったページにSEOを実施して、表示順位が上がってくると、効果に比例してアクセスが増えるようになります。

効果が目に見えて実感できるとSEOは非常に楽しい作業となり、次々と新しいSEO手法を試したくなるのですが、ここに大きな落とし穴が潜んでいます。

それは、「上位表示させることは本当の目的ではない」ということです。

SEOを使って上位表示させるのは手段にすぎず、アクセスを集めて成約を勝ち取ること、すなわち、美容室ならば予約や来店につなげることが本来の目的であるということを忘れがちです。

SEOの効果が現れてきたら、さらに上位を目指すのではなく成約が増えたかどうかを先にチェックしましょう。

アクセスは増えていますか?

検索結果で上位表示を達成しても、思ったほどアクセスが増えないことがありますが、これはキーワードの選定ミスと言えるでしょう。

基本的に、検索結果で上位表示されれば、それに比例してアクセスは増えていきます。

上位表示されているにも関わらず、アクセスが増えないのは、「キーワードに需要がない」ということを示しているのです。

つまり、誰もGoogleの検索窓に打ち込まないキーワードを選んでしまったということになります。

この「キーワード選定ミス」は、SEOを行う上で絶対に避けたい最悪のケースであり、最初の段階から「SEOはキーワード選定が大事」とのべてきた理由もこれを避けるためにあります。

この段階までキーワードの間違いに気づかず放置してしまうと、タグ内に埋め込んだキーワードやリンクに記載したアンカーテキストのキーワードなど、全て変更する必要があり、修正に大変な手間がかかってしまうのです。

Googleキーワードプランナーを用いて、あらかじめ需要のあるキーワードを選定することが重要ということを忘れないでおきましょう。

成約までの導線をチェック

キーワードの選び方が適切で、コンテンツとのマッチングも良好なのに、成約数がなかなか上がらない場合、ページ内のユーザビリティに配慮していない可能性が高いです。

キーワードにふさわしいコンテンツを用意し、購買意欲の高いアクセスを集めることに成功しても、訪問者が「どうすれば購入できるかがわからない」というサイトの場合、成約率は上がりません。

購入を促すための魅力的な文章を用意するのは当然ですが、それ以外にも、記事を読み終えたタイミングで、決済ページへのリンクを表示したり、決済ページのリンク周辺には紛らわしいリンクを表示させないなど、成約率を高める配慮をしてみましょう。

SEOには直接関係ありませんが、SEOの最終的な目標が「美容室への予約数、来店数のアップ」であるならば、成約率に大きな影響を及ぼすユーザビリティへの配慮は非常に重要なのです。