SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容室でSEO対策!Facebookを活用しよう!

美容室でSEO対策!Facebookを活用しよう!

[記事公開日]:2019.07.22. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2019/07/29

今回は、美容室でSEO対策にあたって、Facebookを活用していくことについて詳しく述べていきたいと思います。

Facebook個人アカウントから、嫌味なく、自然な形で情報発信し、メインサイトに誘導する方法を紹介していきます。

Facebookでアクセスアップ

Facebookはご存知の通り友達同士でコミュニケーションを取るサービスです。

Facebook個人アカウントの特徴は「実名」登録であることです。

また、知っている人と友達になることがFacebookのルールなので、現実世界の知っている人同士とコミュニケーションが起こりやすい特徴を持っています。

知っている人とネットでやり取りをするFacebook個人アカウントが使われているので、友達同士の結びつきは強いと言えるでしょう。

そのような友達が、近況アップデートお気に入りのお店を紹介したらおそらく興味を持つことでしょう。

つまり、リアルでも繋がっている友達に近況アップデート情報発信をするので、投稿が目につきやすく、また紹介の投稿も共感を得やすいのです。

もちろん、投稿でメインサイトに誘導することもできますから、Facebook個人アカウントからアクセスの誘導は簡単にできるのです。

このFacebookという媒体を美容室で活用しない手はないのです。

メインサイトへ誘導する準備をしよう

美容室や個人で活用していく前にいくつかの準備が必要です。

Facebook個人アカウントからメインサイトに誘導するには、友達やフォローしてくれるFacebookユーザーが少なくてはどうすることもできません。

まずは、友達を増やし、投稿を読んでもらえるFacebookユーザーを増やします。

Facebookに登録した後、同級生や元同僚、そして今の勤務先などの知っている友達の名前をFacebook検索に片っ端から入力して探し、友達申請をしましょう。

ただし、面識の無い人への友だち申請は控えましょう。

面識の無い人に友達申請をする際は、共通の友達に紹介してもらって、事前に友達申請をする旨を友達から友達申請をするユーザーに伝えてもらいましょう。

現実で紹介いただくのと全く同じ事をFacebookでもしましょう。

友達申請を無差別に面識の無いユーザーにしてしまうと、友達申請の停止などのペナルティの原因になります。

また、自分の個人アカウントの読者を増やすためにフォローを増やしましょう。

フォローを増やすには魅力的な情報発信と継続しかありません。

Facebookは今一番力を入れるべきネット媒体ですので、面倒がらずに最低でも1日に1回は投稿することをオススメします。