SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容室ホームページでもレスポンシブWebデザインを活用!

美容室ホームページでもレスポンシブWebデザインを活用!

[記事公開日]:2015.09.07. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2017/10/17

今回は、美容室でSEO対策にあたってレスポンシブWebデザインについて詳しく述べていきたいと思います。

レスポンシブWebデザインとは?

今までの携帯電話からのネットアクセスはモバイル専用ページを用意して対応しており、モバイル専用の検索エンジン「Yahoo!モバイル」「モバイルgoo」「Googleモバイル」の3つの携帯電話用の検索サービスが使われていました。

しかし、2012年に爆発的にスマートフォンユーザーが増えてから事態は一変します。

検索サービスがそれまでの携帯電話用からパソコン用に変わり、パソコン用の検索サービスでパソコン、スマートフォン、タブレット、の3種類の端末が使われるようになりました。

このような経緯で、1つのURLで3種類の端末に対応したWebデザインが作成されるようになったのです。

それが、Googleも推奨しているレスポンシブWebデザインです。

レスポンシブWebデザインの特徴

レスポンシブWebデザインの特徴として以下の3つが挙げられます。

  • ・ページは、どの画像解像度でも読みやすく表示される
  • ・どの端末でも表示できるようにコンテンツをひとかたまりごとにマークアップしている
  • ・ウィンドウサイズに関わらず、水平方向のスクロールバーは表示しないようにしている

今後はスマートフォンユーザーとタブレットユーザーがさらに増加し、パソコン用検索サービスが使われる機械が増加することが予想されます。

実際にパソコンよりもスマートフォン、タブレットからの検索の方が多いサイトも多く見られます。

今後は美容室のホームページをリニューアルする際には、スマートフォンやタブレット対応が必要不可欠になってくることでしょう。

CMSのレスポンシブWebデザイン

CMSやブログとして利用されているWordPressやMovableTypeもレスポンシブWebデザインのテンプレートをリリースしています。

両方のテンプレートともシンプルなデザインになっており、CSSを使って自由にデザインが可能なのが特徴です。

レスポンシブWebデザインの注意点

実は、レスポンシブWebデザインにしたからといってSEOに効果はありませんが、間接的なSEOの効果はあります。

したがって、レスポンシブWebデザインに変えたからといって上位表示の要因にはならないのです。

また、表示速度が遅くなりがちなのでユーザーのストレスになる事も考えられます。

様々なメリット・デメリットはありますが、美容室のホームページでレスポンシブWebデザインを検討してみてはいかがですか?