SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容室LINE@で集客!視線を奪う文章でプッシュ通知を活かす!

美容室LINE@で集客!視線を奪う文章でプッシュ通知を活かす!

[記事公開日]:2019.06.28. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2019/06/28

LINE@の特徴のひとつとしてスマートフォンのプッシュ通知があります。

プッシュ通知はお客様に「見られやすい」という特性がありますが、「見られやすい」だけで「読んでもらえるか」というとまた別問題なのです。

プッシュ通知したときに一瞬でどのような内容か理解できるかが重要になります。

そこで、何を工夫していくかというとプッシュ通知時に表示されるメッセージの「冒頭文」です。

LINE@でメッセージを考えるときに有効な3つの工夫

まず、視線を奪う冒頭文というのはどういうものなのでしょうか?

それは、視線を奪うと同時に、どのような内容なのかが即座に理解できる冒頭文です。

美容室で例えば、

【新規の方限定】カットが50%OFF!

この冒頭文は一目見ただけで「サービス内容」が簡単に理解でき、お客様の興味を引くことができるので全文を読んでもらえる可能性が高いです。

そんな冒頭文を書くポイントが3つあります。

  • ・簡潔明瞭である
  • ・具体的な数字がある
  • ・配信先のお客様が「自分に宛てられたメッセージだ」と気づく工夫

この3つのポイントをLINE@でメッセージを配信するときになるべく取り込むように努力しましょう。

26文字でお客様の心をつかもう!

プッシュ通知で表示される文字数はスマートフォンの端末によって違います。

文字数は次の通りです

  • ・iPhoneの場合、全角26文字
  • ・Androidの場合、前文表示できるがファーストビューには40文字弱

iPhoneの場合、冒頭文が27文字以上になってしまうと「…」と省略されてしまい内容が伝わりにくくなります。

それぞれ表示される文字数に違いがあるかと思いますが、全てのお客様に対応するために冒頭文は26文字以内に抑えましょう。

よく、「26文字以内ならできるだけ多くのことを伝えたいから26文字ぴったりにしよう」と思われがちですがそうではありません。

大切なのは文字数ではなく「一目で伝わる&興味を持つ工夫」なのです。

短くても26文字ぴったりでも一目で伝わる&興味を持ってもらうことができればいいのです。

ちなみに「【新規の方限定】カットが50%OFF!」は16文字です。

今回は美容室のLINE@メッセージの冒頭文について述べてきましたが、以上のことはチラシやPOPやホームページやDMなどにも応用できます。

どうしたらお客様に伝わりやすいか思いやりをもって考えてみましょう。