SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容室LINE@のルールを学ぼう!メッセージ配信の注意事項!

美容室LINE@のルールを学ぼう!メッセージ配信の注意事項!

[記事公開日]:2019.07.16. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2019/07/16

メッセージ配信の注意事項と禁止事項

美容室でLINE@の運用を始めると、色々な工夫を駆使してメッセージを配信し集客していきます。

しかし、ユーザーの利用環境を快適にするために、LINE@の運用側が配信してはいけないメッセージなどのLINE株式会社が決めたルールがあります。

配信してはいけないメッセージに注意して、LINE@を運用していきましょう。

注意事項はこの4つです。

  • 早朝、深夜のメッセージ配信
  • 短時間に大量のメッセージ配信
  • 大量の絵文字やURLの記載
  • 常軌を逸した長文のメッセージ配信

禁止事項として特に気をつけたいのがこの3つです。

  • AppStore、Google Playへの直接リンクのURLを載せ、アプリのダウンロードを促すこと
  • 会員登録、メールマガジン登録、ECサイトへの直接リンクのURLを載せること
  • LINE@を使用している契約者の企業、お店以外の第三者を宣伝する内容の配信

「自身の美容室が紹介されているアプリの紹介」や、「友人の美容室の宣伝」などはしてしまいがちなので注意して運用しましょう。

会員登録、ECサイトをPRページで告知しよう!

禁止事項で挙げたとおり、「会員登録やメールマガジン登録ECサイトへの直接リンクのURLを載せること」を禁止していますが、例外としてPRページでは誘導することが認められています

ただし、メインボタンを使用した会員登録やECサイトへのリンクは禁止です。

企業やお店にECサイトや会員機能がある場合は、PRページで紹介していきましょう。

しかし、LINE@の使用目的は実店舗における集客や販売促進なので、あくまで補足という認識を持ちましょう。

LINE@は実店舗が存在する企業やお店が利用することができます。

ですので、美容室などの実店舗が存在する企業やお店でもECサイトをメインに展開している場合、LINE@のサービスは向いていないので注意が必要です。

LINE@のガイドラインに目を通してルールを把握しておきましょう。