SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容師の独立を支援!美容室オープン前から集客を始めよう!

美容師の独立を支援!美容室オープン前から集客を始めよう!

[記事公開日]:2018.05.21. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2018/05/21

独立開業する美容師の方は、なるべくたくさんのお客様に来店してもらいたいと誰もが思っているはずです。

ですので、美容室のオープン前から集客を始めていきましょう。

では、実際に実践して効果があったオープン集客方法をご紹介します。

張り紙で親近感を抱かせよう!

美容室に足を運んで下さる可能性が最も高いのは、美容室から半径500m圏内の第1次商圏のお客様です

実は、その第1商圏人口のうちの約2割のお客様が、美容室の売上の約8割を作り出すケースが多いのです。

そこで効果的なのが、テナントを契約したらすぐに美容室の入り口付近に大きな張り紙を張りましょう。

その張り紙には、ご近所の皆様へのご挨拶、そして「サロンコンセプト」や経営者の「心意気」を書き込んでおきます。

張り紙付近に「ご自由にお持ちください」と書いた封筒入りの挨拶文を設置しておきましょう。

封筒に入れる挨拶文のポイントは、読んだ方に、親しみを感じてもらえるような内容にするということです。

具体的には、オーナーの顔写真、自己紹介、美容に関するこだわりなどを記して、オーナーの人間性が垣間見えるような内容にしましょう。

店頭張り紙とご自由にお持ちくださいの封筒入り挨拶文は、オープンまで期間に最低3回は内容を更新しましょう。

つまり、「ご挨拶」「途中経過報告」「そして最終オープンのご挨拶」と内容を更新していきます

独立開業する美容師の方は、これを行うことで、ご近所にお住まいの方は、オーナー、そして美容室に対して親近感を感じてもらうことができ、集客に繋がるのです。

ブログのURLを挨拶文に記載しよう

ここでもう1つ「オープンのご案内挨拶文」に入れるべきことがあります。

それは、ブログのURLを入れておくことです。

独立開業する美容師の方はブログを開設し、インターネット上で美容室の現在進行形のオープン準備の状況を日記として綴り、ご近所様に読んでいただくのです。

オープンの準備の心境や出来事を綴っていくことで、そのブログの読者は、オーナーと美容室に対して親近感と共感を抱いてくれることでしょう。

このような方法で、オープン前から美容室に興味を抱いてもらい、親近感と共感から美容室を応援してくれるお客様、いわゆる見込み客を集客してくことができます

独立開業する美容師の方は「どのようなタイミング」で「どのような工夫」をすればよりたくさんのお客様を集客できるかを考えていきましょう。