SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジン美容室業界でいま大注目の集客ツール、[email protected]とは?

美容室業界でいま大注目の集客ツール、[email protected]とは?

[記事公開日]:2019.07.24. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2019/07/31

「すみません、ちょっと聞きたいんですが……。
いま、LINE@ってどうなんでしょうか?」

今朝、他の担当者が本当に受けたクライアントからの相談です。
いまやLINE@は、美容室業界が大注目の集客ツール。

あなたが美容室オーナーであれば、おそらくどんどんとライバル店が導入していることに気づいているでしょう。
とはいえど、どうやって導入すれば良いのか分からないというのが正直なところかもしれません。

今回は、そんな流行のツールだけど「いまいちどう活用すれば良いのか分からない」というLINE@について大解剖していきます。

目次
1.そもそもLINEとは?
2.いまやLINEをビジネスに使う時代
3.「LINE」と「LINE@」の大きな3つの違い
 [1]有料プランがある
 [2]「キャンペーン情報やクーポンをお客様に送れて、さらに直接予約や問い合わせを受けられる」
 [3]「クーポンの開封数などを管理画面で確認できる」
4.LINE@を活用する前に知っておくべきこと

そもそもLINEとは?

lineiphone1

LINEとは、2011年6月23日にサービスを開始して以降、ユーザー同士で、音声・ビデオ通話、スタンプメールが楽しめるコミュニケーションアプリです。

老若男女を問わず、多くの人が気軽にやりとりができるツールとして使っています。
また、使う媒体もスマホからタブレット機器、パソコンなどの様々な機器で使うことができます。
世界中で利用が拡大しており、現在日本でLINEユーザー数は6,800万人(2016年1月時点)です。

参照:LINE 2016年10月-2017年3月媒体資料(http://www.uniad.co.jp/wp/wp-content/uploads/mediaguide_LINE_2016_10_2017_03.pdf

これからも、その数は増えていくと予想されます。
LINEはメールと違い、すぐに相手が開封してくれたかどうかも分かります。
また、メッセージが吹き出しで表示されることから短文でも大丈夫で、よく考えて文章を送るというよりも、パッと思いついたことを送り、リアルタイムのやりとりを楽しむツールになっています。

このように、インターネットというコミュニケーション手段だとしても、LINEはまるで目の前に相手がいるかのように話すことができます。

2.いまやLINEをビジネスに使う時代

linebisiness

このように、多くの人が使っているLINE。

あなたの美容室の集客方法にLINEを使うことができれば、とても心強いですよね。
何せ、通常のメールよりも気軽に相手にメッセージを送れますし、チラシと違って自宅にいなくとも出先で内容を確認できます。

相手の住所を知っておく必要もないですし、多くの人がLINEを見るスマホをいじる時間は増えていますから、うまく活用することができれば集客がグッと楽になります。

ですが、残念ながらLINEの個人アカウントでは、他のユーザーを相手にビジネスを行う行為を固く禁じられています。

「うーん、じゃあLINEは集客には使えないのだろうか?」とあなたは思うかもしれません。

しかし、ご安心ください。
じつはこうした要望に対して、LINEの運営サイドが応える形で提供し始めたのが「LINEアット」です。

3.「LINE」と「LINE@」の大きな3つの違い

linedifference

「LINE@」は、ビジネス利用OKのサービスです。では、一体どんな部分が私たちが普段使っているLINEとは違うのでしょうか? じつは通常のLINEとの違いとしては、次の3つが挙げられます。

①「有料プランがある」
②「キャンペーン情報やクーポンをお客様に送れる」
③「クーポンの開封数などを管理画面で確認できる」

これら3つが、通常のLINEとLINE@の大きな違いになります。

つまり、プライベートで使うLINEよりも、さらにあなたの美容室を繁盛させるために使える有益なツールが充実しているといえます。

では、それぞれの項目について、詳しく説明していきます。

[1]有料プランがある

lineyuryou

じつはLINE@は月額0円から使うことが可能ですが、有料プランもあります(無料プランと有料プランの違いは別記事でご説明します)。

有料プランでは月額5,400円~21,600円で利用が可能です。

この最大21,600円というのは、正直かなり安いコストと考えられます。

あなたの美容室のひとりあたりの単価が1万円とすれば……単純な計算ですが、たった3人でも集客できれば十分に料金の元が取れると考えられます。

お客様と直接やり取りができ、しかも何回アプローチをしても同じ料金であると考えると、これほど良いツールはなかなか他にありません。

例え失敗したとしてもかかる最大コストは使用した月数×21,600ですから、リスクとしても非常に少ないのでチャレンジしやすいツールといえます。

これがもしもチラシによる販促や検索したときに表示されるタイプの広告であれば、こうはいきません。

やればやるほど、あなたがお客様に「ぜひうちに来てください!」というメッセージを作れば作るほどお金がかかりますから、うまくいくかの検証にも非常にお金がかかってしまうといえます。

そういった点で、このLINE@は有料のツールではありますが、その月にたったひとりでも集客できれば十分に元が取れますから、ぜひ利用してみる価値があるといえます。

[2]「キャンペーン情報やクーポンをお客様に送れて、さらに予約や問い合わせを直接受けられる」

linetoiawase

これまでキャンペーン情報やクーポンをお客様にチェックしてもらうには、直接クーポンサイトやあなたの美容室が運営するホームページにアクセスしてもらわなければなりませんでした。

チラシをお客様の自宅に送ったとしても、うっかり当日持参するのを忘れてしまったり、そもそも他のチラシに紛れて見てもらえないという可能性もありました。

しかし、LINE@であればお客様のスマホに直接キャンペーン情報やクーポンが届きますから、基本的に持参し忘れるということがありません。
また、チラシと違い、直接目に触れる可能性が高いのも特徴です。

このことにより、一度LINE@で友だちになったお客様に、来店を効率よく促すことができます。

一度あなたの美容室に行ってLINE@で友だちになったお客様が「髪を切りたいけど、こないだ行った美容室に行こうかどうしよう」と迷っている・・・・・・。

そんなときに、あなたの美容室が配信するキャンペー人情報やクーポンが届いたなら。

きっとそのお客様は、またあなたの美容室に行こうと思うはずです。

さらにLINE@では、お客様から直接お問い合わせを受け付けることも可能です。

つまり、キャンペーン情報やクーポンを見て「行こう!」と思ったその気持ちのままに、わざわざお客様に自分でホームページを調べてもらわなくても予約が可能なのです。

[3]「クーポンの開封数などを管理画面で確認できる」

linekanri

通常、お客様の自宅に届くチラシは一体どれくらい見てもらったのかというのが分かりません。

また、見ることはしたけど本当にそのチラシがきっかけで来店したのかというのも、よく分からないものになっています。

お客様がチラシを持参して来店してくれれば別ですが、持ってくるのを忘れてしまったということもあるでしょう。

また、もしもチラシを持参して来店してくれたとしても……
何枚のチラシを送って何人のお客様が反応してくださったのかを管理するのは、思った以上に大変な作業になってしまいます。

こうした管理業務を楽にしてくれるのが、LINE@です。
私たちがプライベートで使うLINEと同様に、LINE@はそのクーポンをお客様が見てくれたのかどうかが分かります。

ということは、

「こういうクーポンならお客様は喜んで使ってくれるんだな」
「このキャンペーンはダメかぁ。どこを改善すれば良いのか他のと比べてみよう」

このようなフィードバックが、簡単だということです。

またLINE@の管理画面で全体のどれくらいがクーポンを開封してくれたのか?
友だち数はいつどれくらい増えたのか?

こうしたことがひと目で分かるように自動で集計してくれています。
集計してくれたデータについてもリアルタイムで反映され、紙に印刷することもできるためにスタッフと情報を共有することも簡単です。

4.LINE@を活用する前に知っておくべきこと

linehint

LINE@が、いかにあなたの美容室を繁盛させるのに役に立つのか、感じていただけましたでしょうか?
これほど便利なツールですが、一点だけ弱点があります。

それは、基本的には一度来店してくださった方に対してアプローチできるツールのため、まだあなたのお店に来たことの無いお客様に対しては、なかなかアプローチするのが難しいということです。

おそらく、あなたもまだ会ったことのない人とLINEでつながるのには、不安があるかと思います。

LINE@を便利に使いこなすのには、ホームページが有効です。あなたのホームページから新規で来店してくださった方に、LINE@で友だちになってくれるように促し、今後もずっとお店に来てくれるようにする……。

これが、LINE@の正しい運用方法といえます。

あなたのホームページは、お客様が初来店してくれるの役立つ力を持っていますか?

もしあまりホームページからの集客効果がないということであれば……

一度、お店のホームページのデザインやつくりを見直してみる必要があるかもしれません。