SALON CONCIERGEは、美容院専門のWeb集客を徹底的に追求した新しいホームページサービス

美容室のホームページ制作WEBマガジンホットペッパービューティーよりも安く集客!ニュースレターのススメ

ホットペッパービューティーよりも安く集客!ニュースレターのススメ

[記事公開日]:2017.06.07. WEB集客マガジン

[最終更新日]:2018/03/26

「ホットペッパービューティーに高い掲載料を払っているけど、なかなかリピート客がつかないから辛い……」

そう思っている方に、朗報です。
あなたの美容室では、ニュースレターを発行していますか?
このツールを使えば、あなたとお客さまとの距離は一気に縮まります。
結果としてリピート客がつき、広告に費やすお金を減らすことができるでしょう。

今日はそうした、美容室にとって心強いツールであるニュースレターについて、ご説明します。

目次
1.ニュースレターとは?
2.どういう内容を書くべきか?
 ① お店のイベントや近況・新メニュー情報
 ② スタッフ紹介
 ③ お客さまの声
 ④ 美容・トレンド知識
 ⑤ 編集者後記
3.まとめ

1. ニュースレターとは?

そもそもニュースレターとは、どういったものを言うのでしょうか?

ニュースレターは基本的に、A4用紙1枚程度のお客さまへのお知らせになります。
回覧板のように、あなたの美容室に一度でも来てくださったお客さまにお届けする、売りこみ色のないチラシと考えていただくと良いでしょう。
配布するペースは月1程度で良いと思います。

チラシといっても、PCで綺麗につくる必要はありません。
むしろ、手書きでつくった温かみのある感じが好かれる傾向にあります。

主に掲載する内容としては、お店の最新情報やお客さまの声など。
売りこみはしませんが、たまにクーポンをつける場合もあります。

いずれにせよ、過去に来店くださったお客さまに「お店は最近こんな感じですよ」「こんな楽しいことを、お店ではやっていますよ」と気軽な情報をお届けします。

ニュースレターの配信には、許可を取った方にしか送ることはありません。
ですので、お客さまとしても無差別に送られるものではないため、読む可能性が高くなるのです。

内容も読んでお客さまのためになったり、楽しいものになるので、自然とお店に対して愛着を持ってもらうことができます。

2. どういう内容を書くべきか?

① お店の近況やイベント・新メニュー情報

ニュースレターの名前らしく、お店の近況だったりイベント情報を載せます。
新しく開発したメニューについて、書いても良いでしょう。

注意点としては、売りこみにならないようにすること。
ニュースレターはチラシと違い、「あなたの美容室に愛着を持ってもらい、来店していただくこと」が目的となります。
結果として売り上げが上がることはありますが、お客さまとの関係作りを一番の目的として考えましょう。

「どういう内容であれば、あなたの美容室に対して愛着を持っていただけるか?」

これを考えながら、お店の近況を書き綴ります。

② スタッフ紹介

スタッフ紹介は、ニュースレターで人気のでやすいコンテンツ。
普段ブログにも載せないような、ここだけの話を書いていきます。
ブログは比較的オープンな世界のため、誰でも読むことができます。

しかし、ニュースレターはそうではありません。
あなたのお店に足を運んだ人しか読むことのできない、ちょっとした特別なお知らせになります。

スタッフ紹介ではそうしたことを念頭において、さらにプライベートな内容を書いても良いでしょう。

「この人って、普段そんなことを考えているんだ」と、「お店のスタッフ」ではなく「ひとりの人間」として、お客さまの認識を深めていただくのです。

そのために、当たり障りのない内容よりも、ちょっとマニアックな内容でも良いでしょう。

③ お客さまの声

直接売り上げにつながりやすいのが、お客さまの声になります。
すでにホームページに掲載しているお客さまの声を、再度利用しても大丈夫です。

お客さまの声コンテストなどを行い、このコンテンツ自体をひとつのエンターテイメントにするという方法もあります。
「最優秀賞には、一万円分のメニュープレゼント!」といった、商品を用意してみると良いでしょう。
クオリティの高いお客さまの声が、どんどん集まりやすくなります。

「こんなに良いお店なら、行かなくちゃ!」とニュースレターを読むお客さまとしては感じ、リピート率の向上に役立ちます。

④ 美容・トレンド知識

プロならではの視点で、最新の美容・トレンドについて書いていきます。
ここでもやはり、自店の売りこみにならないように注意しましょう。

「一般的に人気なあの○○。じつはプロから見るとNGなんです!」など、キャッチーなコピーを使ったものであれば、読まれる可能性も高くなります。

このコンテンツについても、新しくイチから書く必要はありません。
過去にブログに書いたものをリライトするなどすれば、負担は軽くなります。

例えお客さまが過去に一度読んだ記事だったとしても、美容・トレンドに関する知識は何度読んでも勉強になるはずです。
お客さまに役立つコンテンツを届ける気持ちで、リライトしてみてください。

⑤ 編集者後記

各号の内容や裏側などを振り返る、裏の人気コンテンツです。
そのニュースレターを書いている人の心がダイレクトに分かるので、これだけ読むという人もいるくらいです。

メインコンテンツと異なり、こちらは完全にプライベートな部分。
あまりかしこまった文体より、くだけた感じで書いてみましょう。

ここでは親近感を感じてもらうのが目的になります。
他部分とのギャップを演出してみてください。

3.まとめ

ニュースレターの良いところは、チラシと違ってお店で印刷したクオリティでも十分なところ。
かかるお金といえば、わずかな印刷代と郵送代くらいです。

もしもニュースレターをきっかけにお客さまのリピート率が上がれば、かなり良い費用対効果となるでしょう。

このコラムをきっかけにニュースレアーを発行し、少しでもクーポンサイトへの広告費用が減ることがあれば幸いです。